ひげ脱毛の進め方と体験した人の声

ひげが濃いことや青ひげに悩まされている場合、思い切ってヒゲ永久脱毛エステに行くことをおすすめします。とはいってもひげ脱毛をするのは痛みがあるんじゃないかとか、実際に効果があるのかとか、不安になることもありますよね。そこでひげ脱毛を体験した人の声を交えながら説明することにします。

ひげ脱毛はメンズエステでも行っている所がありますが、 クリニックの方が確実に脱毛できるようです。 クリニックは医師が施術しますので、高性能な機械を使うことが できますが、エステサロンはそうはいきません。

ひげ脱毛の効果を期待するなら、クリニックで医療レーザーを した方が良いですから、ここではレーザー脱毛の進め方を 説明しますね。

まず脱毛を開始する前に、必ずカウンセリングを行います。 人によってひげの状態が異なりますし、肌が弱かったり アレルギー体質でないかどうかチェックしたりする必要が あるからです。

カウンセリングはプライバシーに配慮して個室で行われますし、 ひげの状態を見て、脱毛までにどれくらいの期間がかかるか、 また料金はどれくらいかということを説明してくれます。 その説明で納得したら、いよいよ本格的なひげ脱毛が始まります。

レーザー脱毛は他の脱毛法と比べて確実にひげをなくすことが できるのですが、多少の痛みを伴います。 痛みの感じ方は人によって違いますが、心配であれば麻酔クリームを 塗ってもらうことができます。

「ゴムを弾いたような軽い痛みを感じた」という感想を述べる人が多いので、 耐えられる方は麻酔クリームを塗らないで脱毛することもできます。 脱毛している間はベッドに寝ているだけで、とくにすることは ありません。すべて医師やクリニックのスタッフにまかせていれば 無事に終了します。

「施術に皮膚が赤くなった」「少しヒリヒリした」という人もいますが、 しばらくすると落ち着いてきますから様子を見ましょう。 レーザー脱毛はひげが生えてこなくなるまで何度か通わなければ なりません。なかなか変化が見られないと焦ってしまいますが、 心配ならクリニックに相談しましょう。

数回通ううちに、だんだんと変化があらわれてきます。 「少しずつヒゲが薄くなってきた」「ひげ剃りをしなくても良くなった」 という声があるように、ここまでくるとひげに関する悩みも ほぼ解消されます。

脱毛を始めるのに適した季節は?

毎年、夏になるたびに気になるのがムダ毛の存在です。 うっかり処理を忘れた日には、、、そんなこと考えるだけでゾッとしますよね。 実際、処理を忘れて恥ずかしい思いをしたなんて人は、案外多いことでしょう。

そんなこともあってか、毎年、新生活が落ち着いたゴールデンウィーク明けや半袖で過ごすことも増えてくる梅雨あたりから、脱毛エステに通う人が増えてきます。

脱毛を始めるのに、よくない季節というのはありません。 思い立ったが吉日、すぐにでもはじめてよいです。 しかし、より脱毛を始めるのに適した季節、おすすめの季節というのがあります。

それはずばり「夏以外」です。 特に秋口なんかがおすすめでしょう。 秋や冬におすすめの理由はいくつかあるので、ひとつずつ確認してみます。 まずは「お肌の健康を考えて」です。

脱毛は、安全性を考えて行われますが、それでも肌にまったく影響がないわけではありません。 脱毛後のお肌は非常に敏感な状態で、紫外線など強い刺激は大敵です。 脱毛当日はもちろんのこと、1週間程度は紫外線に直接さらされるようなことは避けたほうがいいでしょう。

そのため、紫外線の強い春から夏は特に注意しなければなりません。 長袖で肌を保護するということを考えても、もともと長袖で過ごすことの多い、秋や冬のようがより安心して脱毛できます。

次に「予約の取りやすさ」です。 やはり夏前後は駆け込み需要が高いせいもあってか、人気サロンではなかなか予約がとれません。 せっかくフリープランなどで契約をしても思うように予約が取れなかったのでは、もったいないです。

契約の際には予約の状況などを確認の上、元が取れなさそうであれば、回数プランなどのほうがいいかもしれませんね。

最後に「毛周期」です。 毛には、毛周期という生えかわりのタイミングがあって、今見えている毛がすべてではありません。 むしろ、今から生えてくる毛のほうが多いのです。 そのため、一般的に脱毛の効果を感じるには5回以上の脱毛が必要と言われています。

毛周期を考えると2~3か月に1回の脱毛が効果もよいので、そう考えると6回の施術を完了するには最低でも1年が必要です。 つまり秋口に脱毛を始めることで、翌年の夏には綺麗な肌が手に入れられる可能性が高いと言えます。 夏を迎えてから慌てないためにも、早くから脱毛を始めたいですね。